診察・ご相談の
予約はこちら
045-225-0933
受付時間月〜金曜日 9:30〜12:30 / 14:00〜18:30
土曜日 9:30〜13:00 / 14:00〜18:00
医療法人社団さくら会 MMデンタルクリニック CDIインプラントセンター

治療費が戻ってくる可能性があります医療費控除

インプラントは
医療費控除の対象です

インプラントは保険が適用になりませんが、医療費控除の対象であるため、申請することで医療費の一部が戻ってきます。どのくらい戻ってくるかは所得によって異なりますが、申請によりインプラント費用が安くなる場合もあるでしょう。

医療費控除について

  • 1年間に合計10万円以上の医療費を支払った場合に利用できる
  • 親元を離れて暮らす子供の医療費も合算して請求できる
  • 通院で利用した交通費も合算できる(公共の交通機関に限る)
  • 生計を一にする家族の中で所得が多い人が申告すると還付金が多くなる
  • 申告しないと制度を利用できない
  • 申告を忘れても、5年間は引き続き制度が適用される
インプラントも控除の対象です

インプラント治療に要した、診療費・治療費は控除の対象です。インプラントの費用をローンやクレジットカードで支払った場合にも、医療費控除の対象となります。また、治療を受けた人と申請を行う人が同一である必要はありません。

医療費控除金額の計算式

Step1  医療費控除対象額を求める計算式

医療費控除対象額(上限200万円)= 医療費の総額 - 保険金などの補填金 - 10万 

年収200万円以下の場合は、以下の計算式で額を算出します。医療費控除額対象額 = 医療費の総額 -保険金などの補填金 -総所得金額の5%
保険金などの補填金とは、健康保険や生命保険から支給される保険金・給付金です。

Step2  控除の額(還付金)を求める計算式

医療費控除対象額に、所得に応じた税率をかけた金額が医療費控除の還付金です。所得が多い方が申請した方が、所得税率が高い分、還付金が多くなります。

控除の額(還付金) = 医療費控除額 × 所得税率

年収 ~195万 ~330万 ~695万 ~900万 ~1800万 ~4000万 4000万~
税率 5% 10% 20% 23% 33% 40% 45%
年収税率
~195万5%
~330万10%
~695万20%
~900万23%
~1800万33%
~4000万40%
4000万~45%

国税庁所得税率より

Step3  減額される住民税の計算式

医療費控除を行えば、翌年の住民税が対象となる金額に応じて減額されるという優遇措置も受けることが可能です。計算式は、以下になります。

減額される住民税  = 医療費控除対象金額 × 10 %

住民税の場合は、所得に関係なく還付される割合は一律10%です。

還付金はいくら?どのくらいお得になる?

申請方法のポイント3

ポイント1申告に必要なもの

  • 医療費の領収書
  • 交通費のメモ書き
  • 源泉徴収票(原本)
  • 確定申告書
  • マイナンバー
  • 保険等で補填された金額を確認できる書類
  • 医療費控除の明細書
  • 印鑑
  • v還付金の振込口座(申告者名義の口座)

ポイント2手続きを行う場所

申告は全国の税務署で手続きを行えるほか、郵送・ネット(e-Tax)で行うことも可能です。

ポイント3申請書類の提出期限

確定申告の期限は、3月15日ですが、医療費控除の申請は3月15日以降でも可能です。しかし、猶予期間は5年間であるため、5年後の12月31日までに申請する必要があります。