診察・ご相談の
予約はこちら
045-225-0933
受付時間月〜金曜日 9:30〜12:30 / 14:00〜18:30
土曜日 9:30〜13:00 / 14:00〜18:00
医療法人社団さくら会 MMデンタルクリニック CDIインプラントセンター

「一生もの」と思っていませんか?インプラントの寿命

インプラントの平均的な寿命(残存率)や寿命が短くなってしまう原因をチェックし、インプラントにするかどうか、検討することをおすすめします。

「インプラントの10年生存率は90%以上

インプラント

インプラントの10年生存率は9割を超えています。つまり、9割の人が10年以上インプラントを使い続けている(インプラントがきちんと機能している)のです。

「10年」と聞くと、短く感じる方も多いかも知れません。しかし、インプラントを20年以上使用している方も多くいます。今後20年を超える予後の報告も増えてくることが予想されています。
実際に、世界で初めてインプラント治療を行った患者さんは、亡くなるまでの40年以上の間、インプラントを使い続けました。

インプラント治療は、精度の高い治療を受け、適切なメンテナンスを継続することによって、長きに渡り問題なく使い続けることが可能でしょう。

入れ歯・ブリッジとの寿命の比較

入れ歯やブリッジにも寿命があり、次の通りです。

インプラント10年後の生存率9割以上
ブリッジ7~8年くらい
入れ歯4~5年くらい

ブリッジや部分入れ歯の場合、寿命がくる前に、支えている歯がダメになってしまう場合もあります。インプラントの場合は、支えとなる歯に負担をかけることはありませんから、残っている歯を守り、かつインプラントを長期的に使用することができます。

インプラントの寿命が短くなる主な3つの要因

要因1  メンテナンスが不十分
インプラント

インプラントの寿命を左右するのは、メンテナンスです。適切なメンテナンスを行わなければ、インプラントが細菌に感染し、失敗リスクを高めてしまいます。
インプラントは虫歯になりませんが、歯周病にはなります。インプラントの予後は、歯周病の影響を大きく受けるため、適切なメンテナンスにより細菌感染を防ぐ必要があります。

セルフメンテナンスとプロフェッショナルメンテナンスが必要です

メンテナンスの基本は自宅で行うブラッシングですが、歯科で行うプロのメンテナンスも必要になります。バイオフィルムは歯ブラシで除去できませんし、ていねいに歯磨きをしているつもりでも磨き残しは出てきます。また、病気の発生がないか、噛み合わせのバランスは悪くなっていないか、定期的なチェックが不可欠です。

要因2  喫煙習慣

喫煙者のインプラント周囲炎の発症率は、非喫煙者と比較すると数倍高まることが指摘されています。煙草には、次のような悪影響があり、インプラントの寿命を縮める原因になります。

  • 骨とインプラントが結合する力を弱める
  • 免疫力を低下させて、口腔内の感染症リスクを高める
喫煙者のインプラント治療は可能?

かつては、喫煙者はインプラント治療が困難だとされてきましたが、現在はインプラント治療技術が高まったことにより、コントロールを行っていれば治療が可能になっています。また、喫煙習慣のある方は、そのリスクに応じたメンテナンスが必要になります。

要因3  歯ぎしりや食いしばり
インプラント

「歯ぎしり」や「食いしばり」は、とても大きな力が歯にかかり、100キロ以上の力がかかるとも言われています。天然の歯は、歯根膜という薄い膜が歯と歯槽骨の間にあり、噛んだ時にかかる力をクッションのように吸収し分散させてくれるため、歯にかかる衝撃が抑えられています。しかし、インプラントには歯根膜がありませんので、歯ぎしりや食いしばりによる衝撃が、インプラントにそのままかかってしまうのです。

歯ぎしりや食いしばりを治すには?

歯ぎしりや食いしばりは、意識的に行っているわけではありませんし、メンタル面などさまざまな要因が影響しているため、自分で治すのは困難な場合が多いでしょう。しかし、専用のマウスピースを使用することにより、歯ぎしりや食いしばりによる歯への衝撃を軽減できます。

インプラントの寿命には治療の質も影響しています

インプラントが正しく埋入されていなければ、もちろん寿命も短くなります。また、歯科で行うメンテナンスが最適なものでなければ、インプラントの細菌感染を防ぐことができません。

横浜みなとみらいMMデンタルクリニックでは、国際基準の臨床データから根拠のある治療のみをご提供しています。また、インプラントを長くお使いいただくために、患者様一人ひとりに最適な予防プログラムを作成し、インプラントやお口の健康を守り続けます。