診察・ご相談の
予約はこちら
045-225-0933
受付時間月〜金曜日 9:30〜12:30 / 14:00〜18:30
土曜日 9:30〜13:00 / 14:00〜18:00
医療法人社団さくら会 MMデンタルクリニック CDIインプラントセンター

手術は痛い?術後は腫れる?インプラントの痛み

問診と医師

「歯の治療が怖い」「歯の麻酔が苦手」という方は多いと思います。しかし、近年は痛みを抑えた治療が可能になっています。麻酔の注射は、手動ではなく電動麻酔器を使用し、麻酔液を注入する速度をコンピュータで制御することによって、麻酔による痛みも軽減されています。

インプラント治療は外科的手術が必要になるため、痛みを心配する患者様が多いです。しかし、麻酔をして治療を行うため、痛みはほとんどありません。 当院では、痛みなく快適にインプラント治療を受けていただいています。

インプラント手術で使用する麻酔

インプラント手術で使用する麻酔は、虫歯治療や抜歯などでも使用する局所麻酔です。局所麻酔を行うことで、痛みはほとんど抑えられます。
しかし、局所麻酔は痛みを抑えることはできますが、意識がハッキリしているため、治療に対する不安や恐怖心を抑えることはできません。

恐怖心が強い方や全身疾患をお持ちの方には、全身麻酔のような効果が得られる「静脈内鎮静法」を併用し、リラックスした状態で治療を受けていただくことも可能です。

静脈内鎮静法とは

静脈内沈静法(セデーション)とは、リラックス効果の高い麻酔薬を使用して、ウトウトと眠っているような状態を作る方法です。
侵襲性の高い治療では、治療の痛みがなくても不安や恐怖心が強くなりやすく、快適に治療を受けられないケースも多いです。

静脈内沈静法は、全身麻酔とは異なり、全く意識がなくなるわけではないため、医師の呼びかけに応じることが可能です。また、自発呼吸が可能であるため、呼吸の管理や入院の必要がありません。

このような方におすすめです
  • 全身疾患をお持ちの方
  • 嘔吐反射が強い方
  • 治療への恐怖心が強い
  • インプラントの埋入本数が多い
  • 歯の治療で気分が悪くなったことのある

メリット

恐怖心や不安を軽減できる
恐怖心や不安からくるストレスを軽減することにより、血圧や心拍数が安定します。そのため、全身疾患をお持ちの患者様も安全に治療を受けられます。
治療中の嫌な記憶がなくなる
時間の感覚も麻痺することから、治療時間が短く感じられます。「気付いたら治療が終わっていた」という患者様も多いです。

デメリット

全身管理が必要になる
血圧や呼吸の状態、血中の酸素飽和度などを管理する必要がありますが、当院では、手術室に全身管理システムを備え、麻酔専門医が全身管理を担当しています。
手術当日の運転ができません
静脈内鎮静法は、麻酔の回復は早いのですが、手術直後は眠気が残っている場合があります。そのため、ご帰宅の際はご自身で運転することはできません。

治療が終わってからの痛み・腫れ

インプラントの治療中は麻酔が効いているため、ほとんど痛みはありません。しかし、麻酔が切れると痛みが生じる場合があるため、痛みが生じる前に痛み止めを服用することで、痛みをコントロールします。(痛み止めを処方します)

また、治療後の痛みや腫れが1~2日続く場合がありますが、痛み止めを飲んでも治まらないような強い痛みが生じることはありません。痛み・腫れがいつまでも続くこともありませんので、ご安心ください。