学会発表 WEB予約
診療時間 月~金曜日 9:30~12:30 / 14:00~18:30
土曜日 9:30~13:00 / 14:00~18:00
診察・ご相談の予約はこちら
横浜院 045-225-0933
東京院 03-6811-2535
医療法人社団さくら会 MMデンタルクリニック CDIインプラントセンター

当院は、より良いインプラント治療をご提供するため、インプラント治療を専門に行う部門としてCIDインプラントセンターを開設しています。→センター表記について

静脈内鎮静法で快適性の高い治療をインプラントの麻酔

歯の模型
オペ執刀するデンティスト

虫歯の治療や抜歯の時に使用される局所麻酔は、痛みは抑えられますが、意識がはっきりしているため、不安や恐怖心を覚えます。特に、外科的手術を伴うような侵襲性の高い治療になると、局所麻酔だけでは、快適性の高い治療を実現するのは困難です。

当院では、より快適性の高いインプラント治療をご提供するため、静脈内鎮静法を導入しています。

静脈内鎮静法とは

静脈内沈静法(セデーション)とは、リラックス効果の高い麻酔薬を使用して、ウトウトと眠っているような状態を作る方法です。

静脈内鎮静法の特徴
  • 全身麻酔とは異なり、意識が全くなくなるわけではありません
  • 自発呼吸が可能なので、呼吸の管理や入院の必要がありません
  • 恐怖心や不安など治療のストレスを和らげます
  • 健忘効果で、時間が過ぎるのがあっという間に感じられます
このような方におすすめです
  • 全身疾患をお持ちの方
  • 嘔吐反射が強い方
  • 治療への恐怖心が強い方
  • インプラントの埋入本数が多い方
  • 歯の治療で気分が悪くなったことのある方
メリット
  • 恐怖心や不安を軽減できる
  • 血圧や心拍数を安定できる
  • 治療中の嫌な記憶がなくなる
  • 治療時間が短く感じられる
  • 自発呼吸が可能なので入院が不要
  • 全身麻酔に比べ、回復が早い
デメリット
  • 全身管理が必要になる
  • 手術当日に自動車の運転ができない
  • 手術直後は安静にする必要がある
  • 術後に、眠気やふらつきが生じる場合がある
  • 別途費用が発生する

全身疾患をお持ちの方にも
安全性の高いインプラント治療をご提供します

全身疾患をお持ちの場合、治療に対する不安感や恐怖心が、疾患に悪影響を及ぼす場合があります。高血圧をお持ちの方は、治療のストレスで血圧が高くなってしまう場合もあるでしょう。

インプラント手術が、全身疾患に悪影響を及ぼす可能性がある場合、静脈内鎮静法を併用することで治療の安全性を向上できます。もちろん、疾患のコントロールも大切ですが、リラックスした状態でリスクを低減した治療を受けていただけます。

当院の全身管理システム・手術環境

静脈内鎮静法を併用した、安全性の高いインプラント治療をご提供できるよう、全身管理システムを装備した手術室を設置しています。治療中は、常に呼吸や血圧、酸素飽和度を監視し、何らかの異変が起こった時にも迅速に対応できる体制・設備も整えています。

オペ室
オペ室Operating room
オペ中の生体管理のための生体モニター
生体モニターBiomonitoring
AED
AEDAutomated External Defibrillator

静脈内鎮静法に関するよくある質問

静脈内鎮静法の副作用やリスクは?

静脈内鎮静法は、安全性の高い鎮静法であり、静脈内鎮静法自体に大きなリスクや副作用はないと言えます。静脈内鎮静法に限ったことではありませんが、当院はアレルギーの有無を確認したうえで、極力副作用の少ない薬剤の使用に努めています。

静脈内鎮静法の費用を教えてください。

インプラント治療における静脈内鎮静法は、保険が適用になりません。当院では、80,000円+税の費用でご提供しています。
インプラントの埋入本数が多い方、ご高齢の方にも選ばれています。

全身麻酔との違いは何ですか?

全身麻酔は全く意識のない状態を作るのに対し、静脈内鎮静法は、意識が薄いほろ酔いのような状態を作ります。全身麻酔は自発呼吸ができないため、呼吸の管理(人工呼吸)が必要となります。
また、全身麻酔は術前に絶食が必要になりますが、静脈内鎮静法は術前4時間程度の飲食制限で済みます。