学会発表 WEB予約
横浜院 045-225-0933
診療時間 月~金曜日 9:30~12:30 / 14:00~18:30
土曜日   9:30~13:00 / 14:00~18:00
東京院 03-6811-2535
診療時間 月~金曜日 9:40〜13:00 / 14:00〜18:40
土曜日   9:40〜13:00 / 14:00〜17:40
医療法人社団さくら会 MMデンタルクリニック CDIインプラント

CIDインプラントセンターは、「CIDインプラント」に名称を変更いたしました。詳細はこちら

手術は痛い?術後は腫れる?インプラントの痛み

歯の模型

手術の痛みや腫れが心配で、インプラント治療に踏み出せない方は少なくないかもしれません。当院では、静脈内鎮静法の併用やフラップレス手術の導入など、治療によるダメージを抑え、痛みや不快感を軽減した「低侵襲治療」をご提供できるよう努めています。痛みや腫れがご心配な方も、ぜひご相談ください。

当院の「低侵襲の治療」への取組み

カンファ

MMデンタルクリニックは(横浜・東京両院にて)、口腔内スキャン・歯科用CT活用による生体情報のデジタル化により、術前のデジタルシミュレーションを行っています。精度の高いシミュレーションを行うことによって、治療時間の短縮や正確性の向上、さらには手術のダメージ軽減が可能です。デジタル機器を駆使することにより、患者様の体の負担を軽減し、かつ精度の高いインプラント治療に努めます。

手術中の痛み

インプラント埋入オペ

インプラント治療は麻酔が効いた状態で行うため、手術中に痛みを感じることは基本的にありません。
使用する麻酔は、虫歯治療や抜歯などでも使用する局所麻酔であるため、痛みはほとんど抑えられますが、意識がハッキリしているため、治療に対する不安や恐怖心といったストレスはあります。

眠っているような状態で治療を受けられます

当院では、身体的・精神的な負担を軽減し、快適性の高い治療を実現するために、静脈内鎮静法を併用したインプラント治療をご提供しています。

静脈内鎮静法とは?

静脈内鎮静法は鎮静薬を点滴し、眠っているような状態をつくる精神鎮静法です。全身麻酔とは違い、意識がなくなることはありません。意識が薄く、うたた寝をしているような状態になります。
痛みだけでなく、恐怖心や不安を軽減し、より快適に治療を受けたい方に選ばれています。

静脈内鎮静法はこちらで詳しくご紹介しています

術後の痛み・腫れ

術後は、麻酔が切れると痛みが出る場合があるため、痛みが生じる前に痛み止めを服用することで、痛みをコントロールします(痛み止めを処方します)。術後の痛みは、抜歯した時と同じような痛みだと考えて良いでしょう。
また、痛み止めを飲んでも治まらないような強い痛みはほとんど生じません。もし、激しい痛みを感じたり、痛み・腫れがいつまでも続いたりする場合は、すぐにご来院ください。

説明するデンティスト

痛みも腫れも、術後2~3日で自然に消えていきますが、術後の過ごし方も症状に影響するため、注意点を守ってお過ごしください。
当院は、術後の症状を少しでも軽減するために、精度の高い治療に努めています。また、術後の過ごし方や注意点、症状への対処について事前に詳しくご説明します。

ダメージを抑えた治療で症状を軽減

当院は、口腔内スキャナーやCTなどの機器を駆使して、お口の中の詳細な情報をデジタル化し、綿密な治療計画通りに治療を行います。これによって、よりスピーディで正確性の高い治療が可能になります。ダメージを抑えた治療によって、術後の症状軽減につなげます。

より精密なインプラント治療のために

当院は治療の精密性を高め、痛みや負担の少ない治療を行うため、治療技術の向上に努めることはもちろん、積極的に新しい医療機器を導入し、治療に活用しています。

マイクロスコープ

拡大視野の獲得によって、肉眼で見えないものも見えるようになります。

マイクロスコープ
歯科用CT

骨の厚みや神経の走行等を把握でき、治療の精密性を高め、ダメージの少ない治療を可能に。

歯科用CT