お問い合わせ WEB予約
受付時間月〜金曜日 9:30〜12:30 / 14:00〜18:30
土曜日 9:30〜13:00 / 14:00〜18:00
診察・ご相談の予約はこちら
横浜院045-225-0933
東京院03-6811-2535
医療法人社団さくら会 MMデンタルクリニック CDIインプラントセンター

CIDインプラントセンターは、MMデンタルクリニックのなかでもインプラント診療を専門に行う部門です。→センター表記について

治療法を理解した上での治療のためにインプラントとは

歯を失った時、治療法の選択は大変重要です。それぞれの治療法について理解し、ご自身に適した治療法を選択することが大切になります。選択する治療法によって、将来残せる歯が違ってくる場合もあるのです。

インプラントとは

インプラントの構造図
人工の歯
インプラント
顎の骨

インプラントとは、歯を失ったスペースにチタン製の人工歯根(インプラント体)を埋め込んで歯を補う治療法です。インプラントと骨が強く結合するため、グラグラしたりすることなく安定した噛み心地を得られます。
周囲の歯に合わせたカラーリング、形を自由い選択できる人工歯を装着されるため、自分の歯のような見た目を取り戻せます。従来の治療法と比較すると、機能性・審美性ともに優れている治療法です。

将来に多くの歯を残せる治療法

自分の歯のような見た目・噛み心地を取り戻せるため、「第三の永久歯」とも呼ばれるインプラントですが、独立した歯をつくるため、他の歯に悪影響を与えないという大きなメリットがあります。
残っている健康な歯を削ったり、他の歯に負担をかけたりすることは、その歯の寿命を縮めることにつながります。インプラントが他の歯に影響せず、将来に多くの歯を残せるという点も大きな魅力でしょう。

メリット
審美性が優れている
他の歯に影響を与えない
天然歯と同じような感覚で
使用できる
顎の骨が痩せるのを防げる
メンテナンスを行えば、
長期的に使用できる
デメリット
外科手術が必要
保険が適用とならない
従来の治療法と比べると
治療期間が長くなりやすい
治療が適応しない場合がある
適切なメンテナンスが必要

インプラント治療のリスク

  • 術後は痛みや腫れが出る場合があり、処方されるお薬は医師の指示に従って服用してください。
  • 上顎にインプラントを埋入した場合、治療後に鼻血が出やすくなります。術後1~2週間は鼻を強くかまないようにしてください。
  • 飲酒・喫煙は、治療の妨げとなりますので、医師の指示通りお控えください。
  • 手術当日は、激しい運動や入浴を行わないでください。
  • 噛みしめや歯ぎしり、または舌癖などにより、正常にインプラントが定着しないことがありますが、事前に申告いただければマウスピースで予防できます。

インプラント・入れ歯
・ブリッジの違い

それぞれの治療について理解し、メリットだけでなくデメリットも把握して治療法を選択することが必要です。

インプラント

インプラント
適応症
重度の歯周病・糖尿病などが
あると適応しない
他の歯への影響
独立した歯をつくるため、
他の歯に影響しない
顎の骨への影響
骨が痩せるのを
防げる
機能性
天然歯と
変わらない
審美性
審美性が高く、
天然歯と変わらない
治療期間
6週間~24週間
(個人差があります)
寿命
メンテナンスを継続して行えば、長期的に機能する
保険
保険適用外
(自由診療)

入れ歯

入れ歯
適応症
ほとんどのケースで
適応する
他の歯への影響
部分入れ歯の場合、
バネをかける歯に負担をかける
顎の骨への影響
歯のない箇所が
痩せる
機能性
咀嚼能力が
大きく低下する
審美性
部分入れ歯の場合、
バネが目立ってしまう
治療期間
短期間で治療が完了する
ケースが多い
寿命
一般的に7~8年で
つくりかえが必要になる
保険
保険が適用する

ブリッジ

ブリッジ
適応症
支えとなる歯がなければ
適応しない
他の歯への影響
健康な歯を削る必要があり、
支えとなる歯に負担をかける
顎の骨への影響
歯のない箇所が
痩せる
機能性
天然歯と
変わらない
審美性
保険の場合、奥歯は
素材が金属になり目立つ
治療期間
短期間で治療が完了する
ケースが多い
寿命
一般的に7~8年であり、支えとなる歯がダメになる場合もある
保険
保険が適用する