インプラント無料相談 WEB予約
受付時間月〜金曜日 9:30〜12:30 / 14:00〜18:30
土曜日 9:30〜13:00 / 14:00〜18:00
診察・ご相談の予約はこちら
横浜院045-225-0933
東京院03-6811-2535
医療法人社団さくら会 MMデンタルクリニック CDIインプラントセンター

当院は、より良いインプラント治療をご提供するため、インプラント治療を専門に行う部門としてCIDインプラントセンターを開設しています。→センター表記について

治療法を理解した上での治療のためにインプラントとは

歯の模型

歯を失った時の治療法にはブリッジ・入れ歯・インプラントがありますが、それぞれにメリットもあればデメリットもあります。ご自身に合った治療選択が大切ですが、治療によっては将来に残せる歯の本数が違ってくる場合もあるでしょう。
後で後悔することがないように、治療を正しく理解し、納得して治療選択を行っていただきたいと思います。

インプラントとは

インプラントの構造図
人工の歯
インプラント
顎の骨

インプラントとは、歯を失ったスペースにチタン製の人工歯根(インプラント体)を埋め込んで歯を補う治療法です。インプラントと骨が強く結合するため、グラグラしたりすることなく安定した噛み心地を得られます。

インプラントにチタンが
使用される理由

現在、インプラントの素材はチタンやチタン合金が主流です。チタンは、骨と強く結合する性質があり、アレルギーが起こりにくく、整形外科の骨折治療、人工関節などにも使用されています。
近年は、多くのインプラントメーカーはチタン製インプラントを製造していますが、その材質や形状、表面特性などに違いがあります。

ストローマン社のインプラントを採用しています

当院では、安全性や長期的安全性が科学的根拠で裏付けられたストローマン社のインプラントを採用しています。ITI(International Team for Implantology)により学術的に検証され、常に研究・開発を重ね、進化し続けているインプラントメーカーだと言えます。

ITI(International Team for Implantology)

ITI(International Team for Implantology)とは、世界的なインプラント学術団体であり、当院理事長の勝山英明は日本支部のセクションチェアマンを、院長の北條正秋は日本支部フェローを務めています。 ストローマンインプラントは、ITIが持つ豊富な臨床データをもとに開発され、世界的な信頼を獲得しています。

インプラント・入れ歯
・ブリッジの違い

インプラントは、他の歯に影響しないという点が大きなメリットだと言えます。ブリッジのように健康な歯を削ったり、入れ歯のように他の歯を支えにして負担をかけたりしないため、残っている歯を守ることができ、「将来に多くの歯を残したい」「入れ歯になりたくない」という方に多く選ばれています。
それぞれの治療について理解し、メリットだけでなくデメリットも把握して治療法を選択することが大切です。

インプラント

インプラント
適応症
持病や重度の歯周病など
があると適応しない
他の歯への影響
独立した歯をつくるため、
他の歯に影響しない
顎の骨への影響
骨が痩せるのを
防げる
機能性
天然歯と
変わらない
審美性
審美性が高く、
天然歯と変わらない
治療期間
6週間~24週間
(個人差があります)
寿命
メンテナンスを継続して行えば、長期的に機能する
保険
保険適用外
(自由診療)

入れ歯

入れ歯
適応症
ほとんどのケースで
適応する
他の歯への影響
部分入れ歯の場合、
バネをかける歯に負担をかける
顎の骨への影響
歯のない箇所が
痩せる
機能性
咀嚼能力が
大きく低下する
審美性
部分入れ歯の場合、
バネが目立ってしまう
治療期間
短期間で治療が完了する
ケースが多い
寿命
一般的に7~8年で
つくりかえが必要になる
保険
保険が適用する

ブリッジ

ブリッジ
適応症
支えとなる歯がなければ
適応しない
他の歯への影響
健康な歯を削る必要があり、
支えとなる歯に負担をかける
顎の骨への影響
歯のない箇所が
痩せる
機能性
天然歯と
変わらない
審美性
保険の場合、奥歯は
素材が金属になり目立つ
治療期間
短期間で治療が完了する
ケースが多い
寿命
一般的に7~8年であり、支えとなる歯がダメになる場合もある
保険
保険が適用する

「どの治療が良いのかわからない」 「入れ歯とインプラントで迷っている」 という方へ インプラント無料相談
開催しています

「自分はどの治療ができるのか」「それぞれの治療費はいくらなのか」「どんなリスクがあるのか」「本当にインプラントが必要なのか」など、当院では治療を正しく理解していただくことを目的に、インプラント無料相談を開催しています。

当院理事長の勝山英明、院長の北條正秋は、公益社団法人 日本口腔インプラント学会の専門医であり、指導医でもあります。「入れ歯とインプラントで迷っている」という方はもちろん、セカンドオピニオンを取得したい、専門的にインプラント治療を行っている医院で相談したい、という方にもご利用いただいています。お気軽にご相談ください。