G
N
I
D
A
O
L
学会発表 WEB予約
横浜院 045-225-0933
診療時間 月~金曜日 9:30~12:30 / 14:00~18:30
土曜日   9:30~13:00 / 14:00~18:00
東京院 03-6811-2535
診療時間 月~金曜日 9:40〜13:00 / 14:00〜18:40
土曜日   9:40〜13:00 / 14:00〜17:40
医療法人社団さくら会 MMデンタルクリニック CDIインプラント

CIDインプラントセンターは、「CIDインプラント」に名称を変更いたしました。詳細はこちら

精密性・審美性の高い治療に努めています当院のインプラント症例

MMデンタルクリニック治療室

上顎インプラント6本による
セラミックブリッジ、
下顎オーバーデンチャー

若い頃に前歯を削ってブリッジにして以来、徐々にブリッジが拡大し、最終的にほとんど義歯なってしまったという患者様です。「上顎を固定式のインプラントにしたい」と希望し、来院されました。
上顎はオールオン6、下顎は「残っている歯を残したい」という患者様のご希望から、インプラント支持よるオーバーデンチャーとしました。当院に来院までに多くのクリニックを受診されましたが、治療方針があまりに各クリニックで異なるため、不安を覚え治療に踏み切れなかったそうです。

before

インプラント治療を行う前(口内画像) インプラント治療を行う前(コンピューター画像)

after

インプラント治療を行った後(口内画像) インプラント治療を行った後(コンピューター画像)

before

インプラント治療を行う前(口内画像)

after

インプラント治療を行った後(口内画像)

before

インプラント治療を行う前(コンピューター画像)

after

インプラント治療を行った後(コンピューター画像)
患者様
60代・女性
治療の内容
上顎は6本のインプラントによるセラミックブリッジを装着し、下顎はインプラント2本支持によるオーバーデンチャーにより、審美性・機能性を回復しました。
期間・回数
初診から完了まで7ヵ月間
費用
487万円(税込)

治療前

長い間、入れ歯を使用していたため、上下ともに大きく骨吸収が起きている状態でした。特に、上顎と下顎両側の臼歯部は、骨が細くなり、顔貌にも大きく影響を引き起こしていました。お若い頃と比べると、唇の凹みは顕著でした。

患者様の以前のお写真 治療前の患者様の口内写真-1 治療前の患者様のお口周りの写真-1 治療前の患者様の口内写真-2

術前シミュレーション、
骨格・咬合分析

CTステントを作成し、コンピュータ上および規格X-線による骨格分析、咬合分析を行い、患者様のご要望と照らし合わせ、総合的な治療のゴールを決定します。

CTステントと患者様のお口周り
患者様の骨格分析
患者様の咬合分析

骨造成・インプラント埋入

コンピュータシミュレーション、および、分析結果をもとに手術用ガイドを作製。大規模な骨造成を行い、手術用ガイドを用いて上顎に6本のインプラントを埋入しました。術後、歯槽堤のボリュームが大きく増大していることが確認されます。

インプラント埋入のための器具
患者様の口内シュミレーション
インプラント埋入後の写真

治癒期間・養生期間

治癒期間、仮歯(テンポラリーブリッジ)による養生期間の終了後、デジタルスキャナーで印象採得を行い、ジルコニアによるスクリュー固定式ブリッジを作製しました。

仮歯の養生
仮歯のデジタルスキャナー
ジルコニアによるスクリュー固定式ブリッジ

治療完了

上顎には6本のインプラントによるセラミックブリッジ、下顎はインプラント2本支持によるオーバーデンチャーにより、口腔機能や審美性を回復しました。治療後の笑顔から、治療に対して満足していらっしゃる事がわかります。

インプラント治療を行った後(コンピューター画像)
手術後に撮影した患者様のお口周り-1
手術後に撮影した患者様のお口周り-2

インプラント治療をご希望される方へ

標準的な治療の内容

インプラント治療は、何らかの理由で歯が抜けてしまった部分の顎骨に、チタン製の人工歯根を埋入して土台を作り、その上に義歯を装着することで、新たな歯を作る治療法です。
※インプラント治療の詳細はこちらでご紹介しています。

インプラント治療のメリット・デメリット

メリット

  • 見た目の良い人工歯を装着できる
  • 独立した歯を作るため、他の歯に影響しない
  • 天然歯と同じような感覚で使用できる
  • 骨がやせるのを防ぐことができる

デメリット

  • 外科手術が必要となる
  • 十分な骨量が必要となる
  • 保険が適用とならないため、費用が高くなる
  • 入れ歯・ブリッジよりも治療期間が長くなる

起こり得るリスク・注意点

  • 術後に出血が続く場合があります。(うがいを頻繁に行わないでください)
  • 術後に腫れや痛みが生じる場合があります。
  • 下顎の場合、一時的に麻痺が生じる場合があります。
  • 上顎の手術の場合、術後に鼻血が出る場合があります。
  • 治療後は十分にメンテナンスを行わなければ、細菌に感染しやすくなります。

※当院ではさまざまなリスク回避への対策を徹底するとともに、術前・術後の注意点をご案内しています。

※インプラント治療のメリット・デメリット・リスクの詳細については、こちらでご紹介しています。

インプラント治療費

インプラント
(1本あたり)

45.3万円~47.3万円
(税込498,300円~520,300円)

※インプラント治療費の詳細については、こちらでご紹介しています。

当院では、患者様が治療を正しく理解し、納得の治療を受けていただきたいという願いから、「インプラント無料相談」を実施しています。自分に合った治療法がわからない、インプラントのリスクが心配、自分の場合の費用総額が知りたい、という方にご利用いただいています。治療に関する不安や疑問点は、どのようなことでもお気軽にご相談ください。